メールではニュアンスが伝わらない

195月 - by カラ - 0 - In オトシテク

あなたはメールのやり取りで誤解が原因で喧嘩になってしまった経験はないですか?
メールはニュアンスが伝わらないため、相手がどうゆう気持ちでその言葉を書いたのか、正確に伝わらない場合があります。

メールで誤解が生じる理由

例えば短文メールで要件だけを簡潔に書いたとしましょう。
あなた自身は普段から友達とのやり取りでそうゆうメールを送っているので気にならないかもしれません。
しかしあなたの事をよく知らない相手がそのメールをもらった時にどう感じるでしょうか?
なんでこの人こんなぶっきらぼうなんだろう、何か怒っているんだろうか・・・・と。
あなたをよく知る相手であれば、こうゆう性格の人だからこうゆうメールを書くんだろうと理解してくれます。
ですがやれるアプリで知り合ったばかりの相手に、理解を望むのは難しいでしょう。
きちんと言葉で自分の事を説明して、知ってもらう事から始めなければいけません。

親しくなってもニュアンスは難しい

またメールの言葉ではニュアンスが伝わりにくいのは、友達であっても恋人であっても注意が必要です。
会話の中であれば、声のニュアンスや表情で、ああ、冗談でこんな事を言っているのだなと分かってくれるかもしれません。
しかしメールだと冗談だという事が伝わらずに、こんな事いうなんてひどいとメールがきっかけで喧嘩になってしまったりします。
メールの文章でも顔文字や絵文字を使ってニュアンスを出す事は可能ですが、使いすぎるとそれはそれで鬱陶しいと思われる可能性もあります。
メールはコミュニケーションツールとして便利だけど、メールに頼りすぎるのはよくないのかもしれませんね。