出会い系サイトで相手が増えてくると間違える危険も増えてくる

195月 - by カラ - 0 - In

世の中には人当たりのいい人がいますが、メル友がたくさんいる人もそういった人かもしれません。
ですが、あまりにも相手の人数が多くなると、誰が誰だか分からなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

特にメル友の場合には、文字だけのやりとりが多くなりますから、相手のことをイメージできない事もあるでしょう。
そうなってくるとやりとりの回数が少ない相手の場合には、どんな相手だったか思い出すことに時間が必要かもしれません。
もちろんこれは自分だけの話ではありませんから、相手も間違ってしまうことがあるのです。
自分の所に届いたメールに、別の人の名前が書いてあることがあるかもしれません。

そこで他の人と間違った事を怒る人もいますし、特に出会アプリではそうなるでしょう。
間違った名前でメールを送れば、相手からは二度と連絡が来なくなる事だって考えられるのです。
こういった失敗を相手がするのも問題ですが、自分でも起こさないように注意していかなければなりません。
もし出会アプリで複数の相手に連絡を取っているのであれば、きちんと管理できる人数に絞った方がいいでしょう。
あれこれと相手を絞らずにいると、相手を間違えるミスをする可能性が高くなるのです。

相手を絞り込みたくなくても、失敗する可能性を減らす必要があるのならば、考えなければならないのです。
そんな時には自分自身が誰を一番に狙っているのかを考えて、優先順位の低い相手はやめてしまうことも重要になります。
似たような相手ばかりが残るのであれば、メールの文面も使い回すことが出来るでしょう。
ですが、そういった事をやり始めることによって、やはり名前を間違えるミスが出やすくなるのです。

最近はラインをやる機会もあると思いますが、そんな時にはメッセージを使い回すことはないでしょう。
ちょっとしたメッセージならば毎回考えられるのですから、出会アプリでも同じようにメールは毎回考えた方がいいのではないでしょうか。

成功したければ焦るな!

ハッピーメールで女生との出会いを成功させるには2つのポイントを押さえる必要があります。
一つ目のポイントは、「ハッピーメールでは積極的に行動する」ということです。
即ち、好みの女性を見つけたら、迷わずアプローチをかけるということです。
これは多くの男性が行っているのではないでしょうか?

ハッピーメールでは男性から女性に声をかけなければ始まりませんからね。
しかしなかなか出来ないのはもうひとつのポイントだと思います。
これは感情が先走ってしまい、出会いを強く望むばかりに行ってしまうこと。
「ハッピーメールでは、焦ることは失敗の原因」ということです。
出会い系サイトの男女比というのは8:2とも言われるくらい男性の数が多いのです。

ですからいくら女性にメールを送ったところで、女性から返信が送られてこない事が普通なのです。
しかし一向に前に進まない状況に「焦り」を感じ、別のサイトに移動したら会えるかもしれないという感情が湧いてきます。
しかし男女比などは、どのサイトでも大きな差がないのですから、移ったサイトでも同じことを繰り返すでしょう。
結果が出ないまま次々にサイトを移るというのは、紛れも無く「焦り」からくるものです。
また女性とメール交換に辿り着いたとしても「早く会いたい」という感情が焦りに変わり、女性の気持ちを考えずに、ガツガツと舌メールをおくる男性もとても多いです。

このような姿勢でメール交換を続けていても、女性がそんながっついた男性と会いたいと思うでしょうか?
女性の気持ちを逆に警戒心でいっぱいにするのが落ちです。
このようにどのような場合であってもハッピーメールでは、「焦りは禁物」ということを、しっかりと頭に叩き込みましょう。